これで洋服が散らからない!タンスの仕切りはジョイント出来る収納ケース

◎100円+税で2個入りでコスパもバッチリ!ジョイント収納ケースは選べる2種類のサイズ。

衣替えの時期になると憂鬱になるキイロです。共働きのため衣替えところか収納するのも苦手なのですが、子供たちの良い見本になるためにも日々努力しています。


スポンサーリンク




引越しをしてから家具をはじめいろんなものを断捨離してきましたが、服ってなかなか減らないんですよね。特に子供たちの服はサイズが難しく入れ替わりも早いので、タンスの中はいつも服で溢れかえっています。

娘のモモちゃんの服もタンスの中でいつも大暴れです。縦に立てて収納しているのに保育園のお支度で急いでるとタンスの中で服がズレてしまったり、いざ着せてみたら小さくて着れなかったり、本人の気分で違う服を着たいと言い出したりといつも朝は大急ぎなので、かなり乱れています。もっと出しやすくすればモモちゃんも自分からお着替えも進んでやってくれるだろうと思い、タンスの中を整理することにしました。

「ジョイントできる収納ケース」2個入りです!

ダイソーさんの商品で2個入っていて100円+税です。幅が広いサイズのと狭いサイズの2種類が販売されていました。2つのサイズの違いは5㎝で収納するものによって使い分けることができます。

幅が広いタイプの収納ケースは、Tシャツなどの収納に便利そうです。

商品名:ジョイントできる収納ケース 2個 №3
サイズ:15.2×30.5×7.5cm
材質:ポリプロピレン
生産国:中国
生産会社:(株)大創産業

ダイソーのオリジナル商品になっています。

小さい幅のものは下着や靴下を入れるのにちょうどよいサイズになっています。

商品名:ジョイントできる収納ケース 2個 №4
サイズ:10.2×30.5×7.5cm
材質:ポリプロピレン
生産国:中国
生産会社:(株)大創産業

PP折りたたみ収納№3と№4と書かれていたので、№1と№2がないかと探したのですが、残念ながら見つかりませんでした。もしかしたらサイズ違いで販売されているかもしれません。

組み立ては簡単!見た目以上に丈夫に作られています。

通常収納ケースは1個で100円+税のお値段なので、この収納ケースは2個入っているのでとてもお得な商品だと思います。その代わり、袋の中に折りたたまれているのでこれを組み立てなくてはいけません。

組み立ては簡単なので、すぐに作れてしまいます。

しかし、はめ込む部分の切れ込みを取る必要があるので細かいゴミがでるので、小さい子供がいるお家は気を付けましょう!

同じサイズのものが2つできあがりました!

側面にフックが付いていて2つを連結することが出来ます。これによってタンスの中で動かないようになります。

ピッタリハマるとなかなか取ることが出来ません。

透明で薄いので収納の邪魔にならないケース。

こちらのタンスにモモちゃんのお洋服をしまっていきます。因みにタンスは無印良品のチェストです。パイン材で出来ていてナチュラルな感じがお気に入りです♪引き出しのサイズは、幅74x奥行32x高さ11cmです。

始めは、冷倉庫収納でも使っている収納ケースを使おうと思っていました。

◎セリアの収納ケースにパックジュースがシンデレラフィット!見た目キレイ、使いやすい冷蔵庫におすすめ。

厚みもあるので丈夫ですが幅をとり、1個で100円+税なのでお値段的にも全部揃えると凄い金額になってしまいます。

見た目は悪くないのですが、コスパ的にはジョイントできる収納ケースの方が断然いいと思います。

そしてこちらがジョイントできる収納ケースです。半透明なので圧迫感がありません。収納ケースとタンスとの間には、指1本半くらいの隙間が出来てしまいましたが許容範囲です。

幅が広いタイプも狭いタイプも長さと高さが一緒なので使いやすいです。ジョイントも違うサイズの2種類でもできました。ほぼチェストと同じサイズの収納ケースなのでジョイントする必要もありませんが・・・

ジョイントする部分は、内側に倒して服の間仕切りとして使っています。そうすることによって収納した服も倒れにくくなりました。幅の広いサイズにTシャツとズボンを幅の狭い方に靴下とトレーニングパンツを収納できました。これでタンスの中で服が横になったり、縦になったりする心配はなさそうです。あとはモモちゃんが自分でお着替えをしてくくればいいんですが。出来れば整理整頓もしてくれればキイロの手間もグッと減って楽になるのですが・・・やって貰えるように、他の段の収納も少しづつ整頓していこうと思っています。


自分で服を管理できるようなチェストハンガーも欲しいな♪


スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする